入れ歯治療

安定した咬合を作り快適な義歯作りを行っています

入れ歯の悩み、一緒に解決いたします!

画像

歯が抜けたり欠けたりすることは、加齢によって引き起こされるだけではありません。
むし歯や歯周病、そして事故等によっても発生します。

歯を抜けたままにしておくと、他の健康な歯に余計な負担をかけてしまい、その結果、他の歯の寿命も短くなってしまうことがあります。

なくなった歯を補う治療法として、いちばん歴史があってよく知られているのが「義歯(いわゆる「入れ歯」)」を使う方法です。

美味しく食事を楽しんで頂くために、楽しくおしゃべりして頂くために、当院でも、随時入れ歯の作成や調整を行っております。

入れ歯が合わない場合

合わない入れ歯を無理して使っていると、あごの骨が徐々にすり減っていくことになります。
そうなるとさらに入れ歯は合わなくなり、悪循環に陥ってしまいます。
少しでも違和感がある場合は我慢なさらずにお申し出下さい。

入れ歯治療の流れ

画像

入れ歯に使用する材料

画像

金属のバネが無く、「目立たない」入れ歯

部分入れ歯で、ご自身の歯に引っ掛けて固定する金属のバネの部分が、歯ぐきの色と同様のピンク色のプラスチックで出来ている為、お口を開けた時に入れ歯が目立たず、人前でも自信を持ってご使用頂くことができます。

特徴 「人前で笑っても入れ歯だということがほとんどわからない」

歯に引っ掛けて使用する金属のバネの部分を、歯ぐきの色と同じ色の材質を使用してつくるので、見た目が非常に優れ、笑顔に自信が持てます。

「入れ歯が軽くなり装着感が良い」

非常に軽く、弾力のある材質を使用してつくるため、装着したときに快適さを感じることができます。

材料や方法による3つの違い

入れ歯の治療は、使用する材料や方法により主に3つの点で違いがあります。

違いその1:違和感(薄さ)

違和感が少ない

プラスチック床の入れ歯は、強度を保つため、厚く製作する必要があります。これが大きな違和感の原因です。 金属床なら薄くて丈夫な入れ歯が作れるので、違和感も最小限にすることが可能です。

画像

違いその2:安定性(よく噛める)

違和感が少ない

プラスチック床は強く噛むとたわんでしまいます。さらに長期間の使用により少しずつ変形し、徐々に噛めなくなってきます。 金属床なら、たわみや変形も少ないので、しっかりと安定した噛み心地になります。

画像

違いその3:温かさ・冷たさを感じる

熱が伝わる

上あごをおおう入れ歯の場合、プラスチック床では温かいものや冷たいものを食べても熱を感じにくくなります。 たとえば、温かいお茶を飲んでも、上あごはその温かさをあまり感じることができません。 その点、金属床は熱の伝導にも優れているので、食べ物の温かさや冷たさをしっかり感じることができます。

画像

ご希望に合わせて入れ歯をご提案させて頂きます。
まずは、お気軽にご相談にお越し下さい。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ
診療時間
10:30~13:00

/

/

/

15:00~20:00

/

/

/

休診・・水曜日・日曜日・祝日
  ▲・・・土曜日の午後は19:00まで
© 河野歯科クリニック:東川口の歯医者. All Right Reserved.