むし歯治療

なるべく削らない、痛くない治療を心がけています。

今ある歯を大切に、歯を残す治療を行います

画像

当院では、ご自身の歯を長く使って頂きたいと考えております。

初期段階の治療から根っこの治療まですべての過程において
「痛みの少ない治療」「なるべく削らない、歯を抜かない治療」
を基本に丁寧で安心な治療をモットーに診療しております。

必要以上に歯を削らないために(ダイアグノデント)

画像

できるだけ歯を削らないようにするには、むし歯が初期の段階に早期発見し、治療することがとても大切となります。

そこで登場するのがダイアグノデントです。

ダイアグノデントとは、レーザーによるむし歯検査機器です。 レーザーを歯に照射して発光状態をチェックすることにより、むし歯の深さや、レントゲンや直視では判断がつかないむし歯の状況などが詳細に把握できます。

これにより「必要以上に歯をけずらない治療」が可能となりました。

拡大鏡を用いた高品質な治療

画像

歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。

特に歯の根は複雑な形状をしているため、肉眼だけでは限界があります。
そこで当院では、拡大鏡を用いた治療を行っています。

拡大鏡を使用することによって、より精密な治療を行うことができるようになり、削る量も最小限に抑えることができるようになりました。

簡単に歯を削るのではなく、精密な治療で少しでも長くご自身の歯を長く使って頂きたいと考えております。

二次むし歯の原因(豆知識)

治療したからといって安心は禁物!

むし歯になってしまった場合、「つめもの」などを製作して歯を元の形にします。
しかし、むし歯は治療をしたからといって「もう安心!」というわけではありません。

実は、むし歯は治療した箇所こそ注意が必要。

なぜなら、「つめもの」をしたところは、様々な理由により、再びむし歯になってしまうリスクが大変高いのです。こうしてできてしまうむし歯を「二次むし歯」といいます。

そもそもむし歯になりやすいところである

画像

一度治療したということは、その部分がもともとむし歯になりやすいところであるともいえます。

例えば、むし歯の原因となる歯垢(プラーク)がたまりやすかったり、あるいはブラッシングしにくい部分であることが多く、再度むし歯になってしまう可能性が高くなります。

「つめもの」は形がとても複雑

画像

歯はとても複雑な形をしています。 もちろん、つめものを製作する際には、できる限りぴったりと隙間が少なくなるように制作します。

しかし、つめものは複雑な形状になりやすいため、完全に隙間をなくすことは非常に困難。
さらに、長年の使用によるすり減りなどによって、少しずつ段差や隙間ができてしまいます。

こうした隙間にむし歯菌が入り込むことにより、二次むし歯となってしまうのです。

接着剤が少しずつ溶けていく

画像

つめものは、特殊な接着剤でしっかり接着されています。

この接着剤はそれ自体が隙間を埋める効果も持っていますが、お口の中で長年使用していると、どうしても接着剤が少しずつ溶けてしまいます。

そこに隙間ができ、歯垢(プラーク)がたまって二次むし歯になってしまいます。

治療前後の説明をしっかりと行います

画像

当院では、患者様との信頼関係をとても大切に考えています。
そのため、まずは患者様のお話をしっかりとお聞きし、その上で現在の口腔内の状態をご説明させて頂き、様々な治療方法の中から患者様のご希望にそった提案をさせて頂きます。
患者様ご自身が納得できない治療はいたしません。

治療の節目に、歯科医師や歯科衛生士が丁寧に説明を行います。
少しでも気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ
診療時間
10:30~13:00

/

/

/

15:00~20:00

/

/

/

休診・・水曜日・日曜日・祝日
  ▲・・・土曜日の午後は19:00まで
© 河野歯科クリニック:東川口の歯医者. All Right Reserved.